各都道府県に設置される学習センター

放送大学に在籍する場合、必ず所属する学習センターを指定することになります。この学習センターは各都道府県に設置されており、最寄りの学習センターを見つけて入学時に登録します。(入学後も引越しをした場合などは所属学習センターの変更が可能です)

学習センターの機能は複数あり、学生が自学自習に使う学習室、面接授業や単位認定試験を受ける講義室、パソコン室や実習室、学生証の発行や各種相談などを行う事務所、それに談話室などなど、いろいろ充実しています。

学習室では全ての放送授業を視聴することができ、その他にもセンターの蔵書や資料を読むことが可能です。論文を検索したりするコンピュータも設置されています。自宅では集中して学習することができない人も、学習センターに来れば、静かな、邪魔が入らない環境で学習に没頭することができます。地域によっては学習センターがあまりに遠く、通いづらいということもある様ですが、場合によってはサテライトスペースなどが別の場所に設置されていたりするので、よく調べてみてください。

学習センターは放送大学生にとっての学び舎です。単位認定試験などを重ねてくると自然と愛着が湧いてきたりします。学生同士の繋がりは薄いですが、中にはサークル活動に精を出す人などもいるので、興味がある人は掲示板などを見てみるとよいと思います。

放送大学の性質(法的な成り立ち)から、学習センターの多くは国立大学など地域の他大学のキャンパス内に間借りする形で設置されていることが多いです。ですから他大学の若い学生に会うこともありますし、中にはそこの学食を利用できる学習センターなどもあったりします。放送大学には若い人が通う全日制大学の様な華やかなキャンパスライフはありませんが、大学として、学ぶ者に対して必要なモノは一通り揃えてくれているのが放送大学の学習センターなのです。学習センターを大いに活用して、実りある学生生活を送りましょう。

🔙 放送大学のすすめ