季節感がこんがらがっている(異常気象の連鎖)


今年はとにかく暑かった。でも最近では夜になると鈴虫だか松虫だかがリーリーと鳴いている。世間はすっかり秋の様相で、この暑さも夏の猛暑というよりは8月の終わりから9月頃にかけての残暑の様な感覚。だが考えてみれば今はまだお盆であり、帰省ラッシュの時期なのだ。季節感がこんがらがっている…

今年の豪雨や酷暑について気象庁は『異常気象の連鎖』と表現している。異常気象は今後ももっと酷くなるだろうと思う。100年後くらいには日本から梅雨がなくなり梅雨の代わりに『雨季』が来るようになるとも言われている。もちろんそのとき一気に気候が変わるわけではない。徐々に進行するのだ。

気候変動は今まさに進行中であり、それが今モロに日本を襲っている。それに今後は夏だけではなく冬も異常気象に見舞われる様になるだろうと思う。母も『今年は冬が来なかった… って事が起こりかねない!』と心配している。これをどうにかするには、微力ながらエコを徹底していくしかない様に思う。

投稿者:

長門志気

統合失調症で苦しんできたが、今は全ての症状が無くなり、ようやく穏やかな暮らしを送れる様になった。今後は衰えた体力と知力を取り戻していきたいと思う。統合失調症 / 放送大学・全科履修生 / 将棋初段 / Ingress RES A8 / Pokémon GO TL27