オンライン授業で学んだ事あれこれ


学校と社会を考える

『学校と社会を考える』という授業で、学校教育が何をやっているのかを習ったのだが、学校の役割には社会に順応させる『社会化』、社会的役割を分配する『選別』、その社会的役割を『正当化』する、の3つがあるのだそうだ。

『選別』って、なんか嫌な響きだなと思った。現代のような学歴社会と、社会の階層を作り上げる、まるで現代社会の生きづらさを作り上げている『諸悪の根源』のような機能だと思った。私は人生のかなり早い段階で学校教育から脱落しているので、授業を聞いていてかなり不愉快な気分になった。


がんを知る と がんとともに生きる

がんに関する授業は『がんを知る』と『がんとともに生きる』の2科目を受講した。この授業では巷に溢れるいかがわしい情報に惑わされず、どこに行けば正しい情報が得られるのかについて、有益な事をたくさん学ぶことが出来た。

そこでは補完代替療法についても明確な説明がなされており、補完代替療法とは標準治療に取って代わるものではなく、様々な症状を『緩和』し、『QOLを上げる』為にあるのだと説明されていた。さらに健康食品の類で効果が証明されているものは『皆無』であるとの説明もあった。

『標準治療』と言う言葉からは『並の治療』という響きを感じるが、実際はそうではなく、標準治療とはちゃんと効果が証明されている『最高の治療』という意味なのだそうだ。この事を知らずに過ごしているととんでもないことになる。これらのことから、授業ではがん教育の大切さも理解する事が出来た。

とにかく新聞・雑誌・インターネットなどのヘンテコな情報や、妙な健康食品などに騙されないように、誰しもが日々最新の注意を払っていくことが大切だと思った。

投稿者:

長門志気

統合失調症で苦しんできたが、今は全ての症状が無くなり、ようやく穏やかな暮らしを送れる様になった。今後は衰えた体力と知力を取り戻していきたいと思う。統合失調症 / 放送大学・全科履修生 / 将棋初段 / Ingress RES A8 / Pokémon GO TL27